スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デパートの上の動物園 PATA ZOO

このあいだ、オラウータン好きの私がとても気になっていた
PATA ZOO(パーター動物園)へ行ってきました。

パーターデパートの中にある動物園です。デパートの中にあるので、こじんまりとしているのかなぁ?!
と思っていたら、いい意味で期待を大きく裏切られました。

行き方は、スクムビットから511番のエアコンバスでカオサンを過ぎて
ピンクラオ橋を渡ったところで、けっこう近いです。

パーターデパートは、古めかしいデパートでなんだか昭和のノスタルジーを感じさせます。
しかも一歩足を踏み入れると、とても懐かしい匂いがします。ずばり動物の香りです。
小学校の時の飼育委員を思い出して、これまたダブルノスタルジーです。

お目当ての動物園は、屋上とその下の階です。近未来的なイメージで作ったような、
エレベーターを上がって行くと、入り口に着きます。

入園料は、タイではよくあるタイ人料金と外国人料金で別れています。
タイ語で言えば、60バーツ。失敗すれば200バーツです。
割とうまくタイ人として入れました。

園内は思っていた以上に広いです。
屋上にこんな広いモノを作ってしまうってすごい~!!

IMG_2698-1.jpg


園内には鳥やサルがたくさんいます。他にもゴリラ、くま、ペンギン、豹などもいます。
売店でエサ(長インゲン又はパックブン=空芯菜)が売られていて、
ヤギや羊にあげられます。思わずここではしゃいでしまいましたが、
お目当てのオラウータンを忘れてはいけません。
(オラウータン以下、ウータンの愛称で呼びます)

IMG_2678-1.jpg
ウータン登場です。さっそくタイヤに座りなんか食べています。


IMG_2683-1.jpg
器用にタイヤを乗りこなし、「なんかおくれ~」と訴えています。


IMG_2689-1.jpg
さっそく、ちびっこが長インゲンをあげました。


IMG_2690-1.jpg
ウータン、すかさずワイ(=合掌)します。お礼はかかしません。
さすがはタイ育ちだと感心してしまいます。
(*写真はあまりに早いワイについていけず、ぶれてしまいました。)


IMG_2691-1.jpg
ウータンはもっと沢山ほしいのか、もらった長インゲンは片手に持って、
もっとちょうだいとアピールしてきます。欲張りさんです。


IMG_2692-1.jpg
さすがは賢いウータンです。森の人と呼ばれるのもわかります。
ちょっとズルイのがとてもかわいいです!!

ウータンでかなり興奮していまいました。
ずっと見ていたい気分です。

他にも、ウータンの子供のショウや手品もやっていました。
ヘビやオオトカゲや昆虫もいましたよ。


IMG_2660-1.jpg
子供ウータンのお兄さんは強面です。普段いじめられていないことを祈ります。


IMG_2661-1.jpg
記念写真で子供が泣きそうです。


IMG_2667-1.jpg
手品のお兄さん、がんばってました。子供は真剣顔です。


こんなに大きなデパートの中の動物園は必見です。
いろんな動物もいます。
オラウータン好きの方も、そうでない方も
子供さんも大人さんも楽しめると思いますよ~。

PATA ZOO(パーター動物園)
場所:630/253 Somdej Prapinklao Rd.
行き方:スクムビットから511番のエアコンバス又はタクシーで
カオサンを越えて、ピンクラオ橋を渡った通り沿いにあるパーターデパートの中にあります。

入園料:タイ人大人:60バーツ/外国人大人:200バーツ
10時~18時頃(確認したほうがよいです)

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします。



    




スポンサーサイト
[ 2010/12/16 04:23 ] 遊・動物園 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

Taroimotaro

Author:Taroimotaro
タイが好き♪よくある感じで住み始めて
気がつけばうっかり30超え女子。
いよいよ9年目に突入です。
カフェや屋台やお店など紹介しています。
あっちこっちお出掛けするのが好きです。よろしくどうぞ。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
228位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。